おむすび86 原田良一シェフ

投稿日:2016年11月14日 投稿者:sot

 

%e7%ac%ac86%e5%9b%9e%e5%8e%9f%e7%94%b0%e3%82%b7%e3%82%a7%e3%83%95%ef%bc%bf%e8%a1%a8

 

ソウル オブ 東北

チームおむすび  第85回料理教室開催    2016.11.9

 

今年も気仙沼大島に伺い、3回目となるおむすび料理教室を開催しました。

 

 

■開催概要

 

1.開催日時:11月9日(水)

 

2.開催場所:気仙沼市大島開発総合センター

 

3.メニュー:ごぞんじ千厩レストランあさひやオーナーシェフ原田良一のかんたんフレンチ教室

 

4.講師:レストランあさひや 原田良一シェフ

 

5.主催:ソウルオブ東北

 

6.協賛:キッコーマン株式会社

 

 

 

一昨年、去年と続けて3回目となる気仙沼大島に向かいました。

講師は、レストランあさひやの原田シェフです。

原田シェフには大島での料理教室には毎回講師を務めていただいています。

 

料理教室のようなイベント自体が少ない大島の人にたくさんきてもらえるように、今回は仮設住宅ではなく、地域の施設で開催しました。

会場となった開発総合センターは、震災時に避難場所になった施設で、参加した方の中には仮設住宅ができる7月までそこで暮らしたという方もいらっしゃいました。

 

 

86-01

 

 

会場に着いて、準備を始めると開始30分前ころには続々と人が集まってきました。

たくさんの人に手伝ってもらいながら、準備作業を進めました。

今回の使用食材の牡蠣はヤマヨ水産、ゆずは小山さんの北限のゆずを使用しました。

 

 

86-02

 

 

今回のメニューは香りづけのゆずがさわやかな「気仙沼さんまのポテト添え」一関の地鶏のいわい鶏を使った「室根のオヤマの鶏と秋野菜のビール煮込み」、ヤマヨ水産牡蠣の「牡蠣のクリームスープ」、「旬のりんごのクレープ」です。

 

さんまはフェリーに乗る前に、気仙沼港で買った新鮮なものを使います。

さすが大島のお母さま方、皮をむくのが早くてあっという間に身を切っていました。

ポテトは半分潰して、半分はごろっとした食感を残した状態で型で円状にします。

そこに生のさんまとトマトを角切りにし、ゆず果汁と和えたものを載せるだけ。

かんたんで味も見た目もばっちりな前菜が出来上がります。

 

 

86-03

 

 

 

いわい鶏はデミクラスソースとビールで煮込んじゃいます。そこにかぼちゃなど秋野菜も入れていきます。

大人の味付けで、パスタを添えていただきました。

 

牡蠣のクリームスープは、目を離しているうちにあっという間に出来上がっていました。

ヤマヨ水産の従業員の方が、今晩旦那にこれを作る!と言ってくださりました。

料理を美味しくする栄養素は「ビタミンアイ」です!

 

りんごのクレープは、旬のリンゴをザラメと一緒に焼いてカラメルゼを作ってクレープに巻きます。

甘酸っぱい香りが調理中からおいしそうに漂ってきました。

クレープにのっている飴細工はシェフの息子さんの良太さん(あさひや三代目!)が作ってくださいました。

 

 

86-04

 

 

 

作った料理はおいしい!と大好評で、余っていたものまで皆さんに持って帰っていただけました。

 

 

86-05

 

 

 

今度は友達を連れてきたいという感想をいただけて、うれしかったです。

ご参加いただいた皆様、ご協力いただいた方、どうもありがとうございました。

おむすび83 高橋剛一先生

投稿日:2016年7月14日 投稿者:sot

 

第83回 高橋先生 表 [復元]

 

 

ソウル オブ 東北

チームおむすび  第83回料理教室開催    2016.7.10

 

釜石市の小川地区サポートセンターで、桜木町・小佐野の2仮設住宅合同の料理教室を行いました。

 

 

■開催概要

 

1.開催日時:7月10日(日)

 

2.開催場所:小川地区サポートセンター

 

3.メニュー:三陸魚介のちらし寿司 ほか

 

4.講師:三陸浜料理 鮨 一の〇    高橋剛一先生

 

5.主催:ソウルオブ東北

 

6.協賛:キッコーマン株式会社

 

 

今回のおむすび料理教室は、集まった方にさらに楽しんでいただこうと釜石市内で大活躍されている釜石民謡クラブとのコラボレーションを企画しました。

 

 

民謡ショーに合わせて和食を作ることになり、講師を釜石市出身の高橋剛一先生にお願いすることになりました。

高橋先生が今日のために「三陸魚介のちらし寿司」「ホヤのお吸い物」「茶碗蒸し」を考案してくださいました。

和食の基本が学べるメニューを考えてくださいました。

 

 

ちらし寿司は参加者の方と一緒に錦糸玉子を作り、他の具材と一緒に酢飯の上に盛りつけます。

錦糸玉子はきれいに薄くのばして焼くために、水溶き片栗粉を混ぜるのがコツです。

穴子はふっくらと蒸したものを先生が持ってきてくださいました。

さらに、穴子の上にかかっている「つめ」は一の〇に伝わる30年物です。

 

 

83-01

 

 

 

ホヤのお吸い物にはレタスを使います。

レタスをちぎってお椀に敷き、上にホヤをのせます。

お吸い物にレタスを使うというアイディアに、集まった方々は驚いていました。

三陸で食べるホヤは、東京で食べる物より臭みがなく、おいしく食べられます。

 

83-02

 

 

 

茶碗蒸しには三陸産わかめを入れました。

三陸産のものは分厚く、歯ごたえが良いのが特徴です。

茶碗蒸しは蒸し時間が重要で、陶器の器だと10分強がおすすめなんだそう。

時間通りつくればぷるぷるに仕上がります。

 

 

83-03

 

 

 

ちらし寿司を久しぶりに食べた方、ホヤのお吸い物を初めて味わう方など、楽しみながら食事をすることができました。

本番前の民謡クラブのみなさんも完食していました。

みんなで食べると会話も弾みます。

 

 

83-04

 

 

 

 

食事のあとは、民謡クラブによる民謡ショーです。
釜石音頭や釜石市歌など、地元の人が盛り上がる曲や季節に合わせて七夕の歌など、こちらも体操なども取り入れて、盛り上げてくださいました。

歌声がとてもパワフルで、こちらも元気づけられます。

実はチームおむすびスタッフも一緒に舟を漕ぐ振りが特徴的な釜石音頭を踊ってみました。

もう少し練習してまた再挑戦したいと思います。

 

 

83-05

 

 

 

 

桜木町仮設は2/3の解体が進み、残りは当初の1/3の60戸となりました。

解体されてできた土地には新しい家が建てられ始めています。

かつては製鉄所の町として栄えた釜石市は三陸復興の要でもあります。

 

次回のおむすび料理教室も釜石市で開催します。

お近くにお住いの方はぜひご参加ください。

 

 

第82回料理教室開催決定!

投稿日:2016年5月16日 投稿者:sot

 

第82回おむすび料理教室の開催が決まりました!

 

6月12日(日)岩手県住田町にて、プラチナフィッシュの坂東誠シェフをお迎えして開催します。

場所は4月29日にオープンしたばかりの「まちや世田米駅」という交流拠点です。

蔵造りを生かした住田町の新たな交流施設です。

当日は「大船渡鮮魚のフィッシュ・バーガー」「三陸鰹と住田アスパラの味噌オリーブ和え」をみなさんと一緒に作ります。

 

皆様の参加をお待ちしております♪

 

第82回坂東誠シェフ表

最新情報

アーカイブ

活動リスト

ページトップへ