食育教室 大船渡市立綾里中学校

投稿日:2015年9月14日 投稿者:sot

 

綾里中学校 原田シェフ 表

 

 

ソウル オブ 東北

大船渡市立綾里小学校食育教室   2015.9.9

 

大船渡市立綾里中学校へ、一関市千厩「レストランあさひや」の原田シェフとお伺いしました!

 

 

■開催概要

 

1.開催日時:9月9日(水) 3~4時間目

2.開催場所:大船渡市立綾里中学校

3.対象:綾里中学校 2年生

3.メニュー:『恋し浜帆立をつかって綾里中オリジナル「帆立don a la 綾里中」をつくろう!』

4.講師:レストランあさひや 原田良一シェフ

5.主催:ソウルオブ東北

6.協賛:株式会社シュゼット様

7.後援:岩手県教育委員会

 

 

今回依頼があったのは大船渡市立綾里中学校です。

前回、綾里小学校で食育教室を開催したのですが、今回の依頼はそのこととは関係なかったようです。

地域自体が食への感心が深いことが分かります。

 

 

 

今回は地元、恋し浜産の帆立を使った帆立丼を作ります。

帆立丼の他には、ヴィシソワーズ、とうもろこしのパンケーキを作りました。

 

 

りょ-1

 

 

 

 

 

帆立丼は3枚に切った帆立をフライにし、キャベツやパプリカで作ったサラダの上にのせて、野菜と一緒にご飯が食べられる一品にしました。

当日の朝に生産者の佐々木さんが持ってきてくれた帆立を、全員で殻むきするところから授業をはじめました。

帆立はまだ生きているので外から刺激を受けると殻が閉じます。

殻むきをしたことがある生徒は一人もいなかったので、初めての体験に最初はおっかなびっくりでした。

1人一個ずつでしたが、友達が剥いている様子を見ながら早く剥くにはどうするかを考えていたようで、だんだんと上手く剥けるようになっていました。

更に、ごはんは白米ではなく、トマトジュースで炊いたピンク色がきれいなごはんを使います。

 

 

りょ-2

 

 

 

ヴィシソワーズは、じゃが芋の風味を大切にした冷製スープです。

クリーミーなだけではなく、素材の味がするのが美味しさなのだということを原田シェフは教えてくれました。

 

 

 

りょ-3

 

 

 

とうもろこしのパンケーキには、陸前高田の米崎リンゴも角切りにして入れました。

余ったリンゴを味見した生徒は甘い!と喜んでしました。

米崎リンゴは味が濃くて甘いのが特徴です。

とうもろこしの甘さとリンゴの甘さがあり、生地自体は薄味でしたが、甘いパンケーキができあがりました。

 

 

 

りょ-4

 

 

 

3品全部出来上がると、お楽しみの食事の時間です。

生徒から「自分で作ったとは思えないくらい、豪華な料理になった」という感想をもらいました。

今回の帆立丼は、美味しい綾里の帆立を使って名物ができればと原田シェフが悩みぬいて考案したメニューです。

子供達はおいしそうに黙々と食べていました。

 

 

りょ-5

 

 

 

地元の食材を使っておいしい料理が作れたこと、帆立の殻むきをやってみたこと、子供達が今回学んだことは多かったようです。

最初はどう動けばいいのか分からなかった子供達でしたが、だんだんと役割分担がうまくなっていき、全員が参加することができました。

 

今回は特別支援学校から1人生徒が来て、一緒に参加しました。

子供達がその生徒を自然にフォローしている姿を見て、こちらも学ぶことが多かった食育教室となりました。

食育教室 大船渡市立綾里小学校

投稿日:2015年6月23日 投稿者:sot

 

ソウル オブ 東北

大船渡市立綾里小学校食育教室   2015.6.19

 

今回の食育教室は大船渡市立綾里小学校へ、一関市千厩のレストランあさひやの原田良一シェフとお伺いしました。

 

 

■開催概要

 

1.開催日時:6月19日(金)10:30~13:00

2.開催場所:大船渡市立綾里小学校

3.対象:綾里小学校 2年生と親

3.メニュー:『岩手の名工原田シェフとふるさと綾里の食材で親子食育クッキング』

4.講師:レストランあさひや 原田良一シェフ

5.主催:ソウルオブ東北

6.協賛:株式会社シュゼット様

7.後援:岩手県教育委員会

 

 

綾里小学校は大船渡の市街地から車で更に30分のところにあります。

「恋し浜」と名付けられた小石浜漁港では立派な帆立がとれます。

また、綾里はわかめ漁も盛んに行われています。

 

食育教室の依頼があったのは2年生からで、PTAの親子レクリエーションとして開催したいということでした。

2年生は1クラスしかなく、全員で15名。

男の子が多い、元気いっぱいの学級です。

 

 

原田シェフが考えてくださったメニューは綾里の食材を使用したランチです。

帆立、ムール貝、わかめは綾里小学校に通う生徒の親御さんが提供して下さいました。

普段見慣れた食材をどう料理するのか、いらっしゃった親御さんは楽しみにしていたようでした。

 

 

ryouri-1

 

 

 

4種あるメニューは、全員で同じように作っていくのではなく、工程ごとに班に分かれて作っていきます。

「ちょっとにがてなにんじんのスープ」「帆立のコキールグラタン」「ブランマンジェスイカソース」「ワカメごはんのミニオムライス」を作りました。

にんじんのスープでは人参は皮ごと使いました。

野菜は捨てるところのない食材です。

原田シェフはお店から余っていた皮を持ってきてさらに加えていました。

ミキサーで混ぜてから濾すと、にんじん本来の味が楽しめる色のきれいなスープができあがりました。

 

 

ryouri-2

 

 

 

帆立のコキールグラタンは帆立貝の貝殻を皿代わりに使った見た目にも美味しいグラタンです。

マッシュポテトで枠を作り、そこにホワイトソースを流し込んで立体感を出しました。

 

 

ryouri-3

 

 

 

ブランマンジェは予め原田シェフが全員分を作ってきて下さいました。

スイカソースは教室中で作りました。

アーモンドエッセンスの匂いを嗅いだ子供達は、思った匂いと違うと話していました。

 

 

ryouri-4

 

 

 

ミニオムライスはわかめごはんの中にムール貝も加え、さらに豪華な一品になりました。

卵を分量の分割る時には、子供たちが一カ所に集まって一心不乱に卵を割っていました。

お母さん方が混ざってしまった殻を取り除いてくれたので、良い卵液ができあがりました。

いつものワカメごはんも卵で包んでオムライスにするだけで子供が達が喜んで食べます。

 

 

ryouri-5

 

 

 

食事の時間には原田シェフから体に良い食材を「まごわやさしい」を合言葉に教えていただきました。

豆、ごま、わかめ、野菜、きのこ類が私たちの体に必要な食材です。

昔食べられてきたものが、体に良いものでした。

今回の食事でもこれらの食材を取り入れられるように、メニューを考えてくれたのでした。

 

 

ryouri-6

 

 

 

質疑応答の時間には子供達だけではなく大人からも質問がたくさん飛び、普段は聞くことが出来ないシェフの料理人以外の顔も見ることができたようです。

いつもの食材の違う使い方が分かって良かったという感想も頂き、子供にも、大人にも楽しんでもらえたようでした。

 

 

 

食育教室 釜石市立白山小学校

投稿日:2015年3月2日 投稿者:sot

 

ソウル オブ 東北

釜石市立白山小学校食育教室   2015.2.17

 

今回の食育教室は釜石市立白山小学校へお伺いしました。

講師にはTV番組のアイアンシェフにも出演経験のある伊藤勝康シェフをお迎えしました。

 

■開催概要

 

1.開催日時:2月17日(火)13:50~15:30

2.開催場所:釜石市立白山小学校

3.対象:白山小学校 5,6年生

3.メニュー:「三陸帆立貝柱ソテーとわかめソース」「鮭とポテトにミルク煮」「イサダのリゾット 帆立風味」

4.講師:伊藤勝康シェフ

5.主催:ソウルオブ東北

6.協賛:株式会社シュゼット様

7.後援:岩手県教育委員会

 

 

当日は朝から津波注意報が出たり、食育教室開催直前に青森で震度5強を観測した地震が起きたり、緊張感が張り詰めるシーンが何度かありましたが、子供たちの冷静な対応に大人のこちらが終始感心しきりでした。

 

家庭科の単元「家族でアットホーム」という授業の一環で食育教室を行いました。

今日の体験を家族の方に話すことで家族の団欒を生むねらいがありました。

 

hakusan-01

 

 

今回は子供達に料理の前段階にも参加してもらいました。

鍋が必要なときは自分達で取りに行かせる、帆立の殻むきからさせる、などです。

帆立の殻剥きは全員が必ず参加しました。

殻むきをしていない子供たちは野菜を洗い、少ない時間で3品つくるための動きを心掛けていました。

 

 

hakusan-02

 

 

殻むきが終わったところから野菜を切っていきます。

カブを六等分というシェフの子供に四苦八苦しながら切りました。

結果、さまざまな六等分が生まれました。

 

鮭の切り身も半分に切ります。

野菜は力ずくでも切れましたが、魚は包丁を下に下ろすだけでは切れません。

シェフに包丁は引きながら切って使うことを教えてもらいました。

 

hakusan-03

 

 

切った野菜や材料はそれぞれ牛乳で煮込んだり、フライパンで焼いていきました。

教室の前ではシェフが南部鉄器を使って全員の分のカブをグリルしてくださいました。

南部鉄器を使うと素材に一気に熱が入るので、美味しさを閉じ込めることができます。

 

hakusan-04

 

 

調理した料理をお皿にそれぞれ盛り付けます。

伊藤シェフのお手本を見ながら盛り付けをしていきます。

全員に均等に量が行き渡るようにしました。

 

自分達で作った料理は、大満足の美味しさでした。

実は使った調味料はほとんど塩のみ!

その塩は「宮古の塩」を使いました。

 

食事中、シェフが地元三陸の食材の良さを子供達に教えてくれました。

三陸では300種類の魚が獲れます。

世界中を見てもこれほど多種が獲れる漁場はそうないそうです。

そして三陸に集まった魚が食べるイサダ(沖アミの一種)が栄養満点で、このイサダが三陸の魚を美味しくするといっても過言ではありません。

今回はそのイサダをリゾットに入れました。

 

hakusan-05

 

 

自分の生まれ育った町を大切にしてほしいという願いからホタテの殻むきをこどもたちにさせました。

港町の釜石なのだから何人かは経験者がいるだろうというのが私たちの考えでしたが、実際誰も帆立の殻をむいたことないということでした。

以前は、家族が総出で手伝った漁も、後を継ぐ人が少なくなりました。

流通システムが発展し、私たちの生活が楽になりましたが失っていく文化もあります。

食育教室を通じて、地域の文化性も取り戻していきたいと感じました。

 

 

最新情報

アーカイブ

活動リスト

ページトップへ